ヴェロニカ・ゲリン VERONICA GUERIN

ヴェロニカ・ゲリン VERONICA GUERIN

先日、DVDを買ってきました。
タイトルは、【ヴェロニカ・ゲリン】 解説の見出しにはこう書いてあります。

「1996年、アイルランド・ダブリン----
これは生きて愛して戦った、
ひとりの女性記者の記録である・・・。」



ヴェロニカ・ゲリンは、アイルランドのサンデー・インディペンデント紙の記者。
当時、といっても、1996年と言うから、ほんの10年前、麻薬犯罪が街を蝕み、子供達が麻薬の犠牲者となって命を落として行くという現実があったんですね・・・
彼女は危険を承知で、麻薬犯罪の実態を取材し、記事を書き、社会に訴えます。メディアと世論を味方につける一方で、暗黒界の巨大麻薬組織から脅しにあったり、狙われたり、最後には銃殺されてしまう。
彼女の死後、やっと人々が立ち上がり、法律が改正され、麻薬関連の犯罪者が一掃される。
彼女は、人々にとって、今もなお「勇気の象徴」として、記憶にのこる伝説のジャーナリスト・・・


でも、彼女が殺される前に、皆が立ち上がっていたら・・・・

暴力的な力に立ち向かうには、使命感とも言える勇気が必要で、かつ、困難で、恐怖がつきまとう・・・しかし、立ち上がらないと問題は解決しない。

ロンドンでの多発テロの報道を見るにつけ、これから世界はどうなるんだろう・・・と、不安に思います。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(シニア)へ
にほんブログ村

道子さんは、どーこさんだったんですね。
プロフを見て、みちこさんじゃなかったんだあと。

ほんとに、どうなってしまうのでしょうね。
今を大切にするしか、ないのかな。

yuyu さんへ

そうなんです! 主婦道、英語道、ブログ道・・・の「道子」です。でも、主婦の仕事を毎日ちゃんとこなすのも、英語を勉強するのも、ブログを毎日更新するのも・・・けっこう、大変ね(^^;

(*'')(*,,)(''*)(,,*)

未来は暗い・・・・
そう思うけど、実感が無いしね?
日本はぬるま湯の中でゆらゆらかしら??

もんぺさんへ

どうなんでしょうね・・・・?
かく言う私も、家庭にどっぷりおさまって、ぬるま湯でゆらゆら・・・かも (^^;
ときどき、主人や娘の勝手さに「カーッ」となってますけど・・・(-.-*;
Secret

プロフィール

道子 (ドーコ)

最近の記事

最近のコメント

リンク

【お奨めの英語関連リンク】

★FETS(Free English Talk by Skype)

英語で話したい人たちの英語サークルです



【ブログ・ピープル】
※ブログが更新されると上位に移動します。




ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

カテゴリー

PR


「プライバシーポリシー」
広告配信事業者としての Google は cookie を使用して広告を配信しています。 Google で cookie を使用することにより、インターネットにおけるご自身のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。 ユーザーは Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。


ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】

楽天トラベル株式会社


小学校英語指導者資格認定 アルク児童英語教師養成コース

アルク

本を売るならブックオフオンライン

ブックオフオンラインのオトナ買い

【Beauty & Health】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる