介護

この半月、私は実家に帰っていました。
母は、2月に脳外科でくも膜下出血の手術を受けてから1ヵ月後、リハビリのある病院へ3ヵ月入院したのち、父親の希望で自宅介護となりました。

要介護5の認定をもらっていて、医師からは「夜中に何度も起きて、看護婦たちを困らせていたんですよ。ご主人一人ではむりですよ」
と言われ、ホーム入居をすすめられていたらしいのですが・・・


ケア・マネージャーさんにそうだんして、福祉用具のレンタル会社やデイ・サービス施設を紹介していただいて、プランを立ててもらいました。
ベッドと車椅子をレンタルし、週4日デイ・サービス(入浴、昼食付き)を利用し、月に2回ホームドクターに往診してもらうことになりました。

半月、私は食事のしたくと、昼間母のお守り(トイレ介助など)をしていました。
「おやすみなさい」から「おはよう」までは、父にまかせていました。
最終的に父が面倒を見ていくことになるからです。

ホームに入れるか
遠方の私たち姉妹の住む地域の医療付きマンションに入るか
(私も妹も、夫の親との同居です)

の選択肢もあるのですが、
今の土地を離れたくない、やれるところまで、やりたい、と言うのが父の希望です。


でも、最初の一週間、母が夜中に何度もトイレに起きるので、父も閉口して、弱音を吐いていました。

「認知症もあるし、無理だから、ホームに入れても、誰も責めたりしないわ。」
というと、
「いや、やれるところまでやる」
と言います。

母は上手いこと寝てくれて、父親がトイレに起きた時に、母もトイレをすませる、と言った具合に、上手く行くこともありました。

なんとかやれそうかな?
と思って、私はもどってきました。
その後、妹にも一週間ほど行ってもらうように頼みました。
が、彼女は3日でもどってきてしまいました。

・・・

今後どうするか、様子を見ながら、調整していかないといけないな・・・と思っています。
認知症がすすむと、もっと大変になるでしょうし。
介護って大変ですね。


theme : ひとりごと
genre : ライフ

ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(シニア)へ
にほんブログ村

道子さん、お疲れさまでした。
お父様のお気持ちというのはあるでしょうが、やっぱり要介護5では自宅での老々介護はとても大変だと思います。
私は母が他界し、父を介護付き有料老人ホームに入れていただいていますが、それでも職員のかたたちにご迷惑をおかけするので、気持ちの晴れることがありません。
日本は豊かな国だなどというのは、まやかしだと強く感じるこの頃ですが、もっとみんなが気持ちも体も楽に過ごせないものかと心から思います。

yuyu さん♪

お久しぶりです。
思いだけでは、どうしようもない部分もありますものね。
無理なものは無理というか。
いつかは受け入れないと。
在宅でも、ホームでも、病院でも・・・
元気なときのようにはいかないですよね。
介護って本当に、社会的な大問題ですね。
トホホ・・・
Secret

プロフィール

道子 (ドーコ)

最近の記事

最近のコメント

リンク

【お奨めの英語関連リンク】

★FETS(Free English Talk by Skype)

英語で話したい人たちの英語サークルです



【ブログ・ピープル】
※ブログが更新されると上位に移動します。




ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

カテゴリー

PR


「プライバシーポリシー」
広告配信事業者としての Google は cookie を使用して広告を配信しています。 Google で cookie を使用することにより、インターネットにおけるご自身のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。 ユーザーは Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。


ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】

楽天トラベル株式会社


小学校英語指導者資格認定 アルク児童英語教師養成コース

アルク

本を売るならブックオフオンライン

ブックオフオンラインのオトナ買い

【Beauty & Health】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる