英国の旅 「振りかえって思うこと」

イギリスの方は親切だな~というのが、第一印象です。
エジンバラとコヴェントリーの町で、地図を広げて道を確認していると、「May I help you?」 と声をかけてくださいました。
20代後半か30代前半の男性でした。
で、道を教えてくださると、こちらの 「Thank you.」 を聞く間もなくスッと行ってしまいました。
困っている人を手助けするのは、ジェントルマンのポリシーなのでしょうね。

英英辞典で 「gentleman」 をひいてみると、
「a man who is polite and well educated, who has excellent manners and always behaves well」
とありました。


免税手続き

ところで、「EU圏外の居住者は、同じ店で一日に一定額(£45だったかな)以上の買い物をして物品購入後3か月以内にEU圏外に出国する場合、付加価値税VAT(17.5%)から手数料を差し引いた額の払い戻しがうけられる。」 とのことなので、私も初めて申請してみました。

払い戻しを受けるには、まず買い物の際お店で、パスポートを見せて書類を作成してもらいます。
その書類と品物(未使用)を帰国時に空港税関に提示して承認印を押してもらいます。
(EU国を複数訪問するときは、EUでの最終出国税関で手続きします)

審査のときに書類と商品を照合するので、免税手続きを受ける物品は手荷物として持っていなければなりません。
その書類を空港内の払い戻し窓口に提出すれば、現地通貨の現金で還付金を受け取れます。

でも、現金での還付は現地通貨ですし、手数料も多めにかかるので、小額の場合は(差引するとなくなってしまいますので)クレジットカード口座への払い戻しをお願いした方がいいです。(2~3ヶ月かかりますが)
書類に受け取り方法を記入してから、店でもらった専用封筒にいれて、専用ポスト(空港にある)に投函すればいいだけです。
(書類の裏面に受け取り方法などが何ヶ国語かで書いてあります)

私は小額だったので、クレジットカード口座へ払い戻してもらいました。

帰国から2ヶ月くらいたって、クレジットカードの利用明細をみてみたら、
「TAX-FREE REFUND UNITED KINGDOM」 の利用先項目で、他の利用金額から返金分500円ほどマイナス(-)されていていました。
間違いなく返金されていたので、感激^^



エジンバラからロンドンまで、英国を駆け足で縦断するツアーでしたが、訪れたどの街も歴史を感じ、個性的ですてきでした。
今度訪れるときは、1~2ヶ所に滞在して、ゆっくり見て回る旅にしようと思います。








theme : 海外旅行記
genre : 旅行

ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(シニア)へ
にほんブログ村

そうですか、やっぱり英国紳士は親切でしたか。
私たちも、旅行者のかたに親切にしなければ、いけませんね。
日本の中ばかりにいるのではなく、時々海外の景色や人に触れることって大切ですね。

yuyu さん♪

おかげで、道に迷わずにすみました。
こちらから話しかけるのって、勇気が要りますよね。
アイスランドの噴火で、ヨーロッパは大変ですが、またいつか訪れたいです^^
Secret

プロフィール

道子 (ドーコ)

最近の記事

最近のコメント

リンク

【お奨めの英語関連リンク】

★FETS(Free English Talk by Skype)

英語で話したい人たちの英語サークルです



【ブログ・ピープル】
※ブログが更新されると上位に移動します。




ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

カテゴリー

PR


「プライバシーポリシー」
広告配信事業者としての Google は cookie を使用して広告を配信しています。 Google で cookie を使用することにより、インターネットにおけるご自身のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。 ユーザーは Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。


ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】

楽天トラベル株式会社


小学校英語指導者資格認定 アルク児童英語教師養成コース

アルク

本を売るならブックオフオンライン

ブックオフオンラインのオトナ買い

【Beauty & Health】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる