モディリアーニ展

昨日の金曜日、久々に名古屋へ出ました。名古屋市美術館で催されているモディリアーニ展を見るためです。
名古屋駅の広小路口を出て、広小路通りを行くと、カフェドクリエを見つけました。ちょうど12時前だったのでハーブチキンサンドで昼食をすませ、また同じ道を行き、伏見通りを右に折れて一路、美術館のある白川公園へ。
季節がら、公園の緑は青々として、気持ちよかったです。噴水を囲んだ休憩場所があって、何人かのオフィスワーカーが戸外のランチを楽しんでいました。

 20080502(007).jpg

モディリアーニ(イタリアの画家、1884~1920)の人物画は、面長・なで肩で個性的ですね。
美術の教科書で1~2作品しか見たことがなかったのですが、今回は、真野響子さんの解説テープを借りて、じっくりと見学しました。

20080502(013).jpg 20080502(012).jpg

裕福な家庭に生まれ、幼いころから病弱。パリに来て絵の勉強をし、退廃的なもの(薬物など・・)に染まる部分もあったけれど、彼の絵に価値を見出し支援してくれるパトロンや画商に支えられ、作品の制作に励む・・・しかし、病気で30代なかばで亡くなる。肋膜炎。結核だったそうです。

彼の画風は、1909~1914の5年間制作に励んだ石材彫刻が大きく影響しているそうです。彫刻作品が十数点しか残っていないのは、残念です。
絵画一筋というわけではなかったんですね。もしも、健康で体力があったら、偉大な彫刻家として教科書に載っていたかもしれません。

写真を見ると、ハンサムです^^
結婚して娘を得ましたし、その前にも生活を共にする女性がいたようです。

数枚、裸婦の絵が展示されていました。
モディリアーニの裸婦を見たのは初めてです。
どの画家にとっても、裸婦の絵というのは、一種の登竜門なのかも知れないな・・・と思いました。
なぜなら、この裸婦の絵が彼の名を当時の世間に強く知らしめた、とのことだからです。

瞳が描かれず青く塗りつぶした目は、見る者の心情により、憂えても見え、優しくもみえるのかもしれませんね。

連休の谷間のウィークデーだったので、空いていてゆっくりと見ることができました。

名古屋市美術館 モディリアーニ展

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(シニア)へ
にほんブログ村

モディリアーニ展、いいですね~。
建物も、とても素敵ですね^^
今、神戸ではルノアール展をしてて行きたいなあ、と思ってるんですが、連休中は人が多いでしょうね。
今の時代なら、結核で亡くなることはなかったでしょうに、30代半ばとは、短い生涯でしたね。

yuyu さん♪

こんばんは^^
今日は暑かったですね~
美術館は涼しいし、人出は大変なものだったのではないかな?
画家って短命な人が多いのかしら?
ルノアールの絵も良いですね(^,^)
Secret

プロフィール

道子 (ドーコ)

最近の記事

最近のコメント

リンク

【お奨めの英語関連リンク】

★FETS(Free English Talk by Skype)

英語で話したい人たちの英語サークルです



【ブログ・ピープル】
※ブログが更新されると上位に移動します。




ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

カテゴリー

PR


「プライバシーポリシー」
広告配信事業者としての Google は cookie を使用して広告を配信しています。 Google で cookie を使用することにより、インターネットにおけるご自身のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。 ユーザーは Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。


ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】

楽天トラベル株式会社


小学校英語指導者資格認定 アルク児童英語教師養成コース

アルク

本を売るならブックオフオンライン

ブックオフオンラインのオトナ買い

【Beauty & Health】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる