満点でも不合格!?

そんなことがあるんですね~~
世界は広いです。

「団塊の世代」という言葉をよく耳にします。年齢でいうと2006年の時点で、57歳から59歳ぐらいの方々で、日本では800万人~1000万人みえるそうです。その数ゆえに、社会への影響も大きいのですね。私は微妙にその世代には入らないようです。
さて、アメリカのことですが、興味深い記事を見つけました。

2007/4/8 中日新聞より---------
満点でも不合格
名門私大ハーバードやコロンビア
米、団塊ジュニア激戦
【シリコンバレー=時事】
今年秋に始まる新年度に向けた米国の大学入学選考で、ハーバードやコロンビアなど名門私立大の競争率が軒並み過去最高水準を記録した。ベビーブーマー(団塊世代)ジュニアが受験期を迎えたのが最大の要因で、テストが満点でも不合格になる生徒も続出している。
 ハーバード大の倍率は十一倍強と、米最古の私大として1636年に創設されて以来で最高を記録。エール大では、共通テスト(SAT)全三教科が満点だった複数の生徒が不合格になり、話題を呼んだ。
 団塊ジュニア参入で、今年の高校卒業者数は約320万人と1970年代以来の規模に膨らみ、受験競争を激化させている。相次ぐ学費免除制度が好感され、中低所得家庭からの志願者が急増したとの分析もある。
-----------------------------


満点の不合格者が出たってことは、合格者は全員「満点+アルファー」って事なのでしょうか?
その、プラスアルファーは、いったい何なのでしょうね?


theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(シニア)へ
にほんブログ村

NYに

駐在してた人の話では、アイビーリーグに入ろうと思ったら、ボランティアなども点数化されるので、高校のときからしてないといけないようでした。
日本の受験事情とは、また違うものがあるようですね。

yuyu さん♪

おはようございます。
そうですか。ペーパーテストの結果だけではハードルをクリアできないんですね。
学生も社会の一員としての自覚を持たないといけないんですね・・・

満点でも通らないってスゴイですね~(汗)
yuyuさんの言うように社会貢献等も考慮されるのは
良いことかもしれませんね~。

jubilee さん♪

そうですね。
中学校の授業などでも、いろいろな職場への体験学習とかもあるようで、もっと社会とかかわりを持ったほうがいいのでしょうね。
Secret

プロフィール

道子 (ドーコ)

最近の記事

最近のコメント

リンク

【お奨めの英語関連リンク】

★FETS(Free English Talk by Skype)

英語で話したい人たちの英語サークルです



【ブログ・ピープル】
※ブログが更新されると上位に移動します。




ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

カテゴリー

PR


「プライバシーポリシー」
広告配信事業者としての Google は cookie を使用して広告を配信しています。 Google で cookie を使用することにより、インターネットにおけるご自身のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。 ユーザーは Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。


ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】

楽天トラベル株式会社


小学校英語指導者資格認定 アルク児童英語教師養成コース

アルク

本を売るならブックオフオンライン

ブックオフオンラインのオトナ買い

【Beauty & Health】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる