気高さ・・・

ちょうど去年の今頃、私は映画 『蝉しぐれ』 を見に劇場へ行きました。ずいぶん感動して、数日後ブログを書いたんでした。
(2005/11/1 のブログ参考⇒★★

あれから・・・・・1年が過ぎたんですね・・・
本当に、月日のたつのは速いものです。

その 『蝉しぐれ』 を、なぜかどうしてもまた見たくなって、DVDを買ってしまいました。

蝉しぐれ プレミアム・エディション 蝉しぐれ プレミアム・エディション
市川染五郎(七代目) (2006/04/14)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る

『蝉しぐれ』 は、映画制作まで15年の歳月を要したそうです。
黒土監督(脚本)が15年間あたため、構想を練り、傑作となってここにあるわけです・・・
監督は「日本人の気高さ、男と女の気高さ・・・」を表現したかったそうですが、その気高さを十分感じ取ることができました。そして、その気高さに私はひかれ、再度、見たくてたまらなくなったような気がします。

==「気高い」==
大辞林 第二版:
1.どことなく、おかしがたい気品を備えている。品格が高い。崇高だ。
2.(身分や地位が高くて)どことなく近づきにくい。何となく近寄りがたい。
大辞泉:
1.すぐれて上品に見える。気品がある。
2.身分が高い。高貴である。
=======


私は、気高さとは・・・

苦境にありながらも、ピンと背筋をのばして生きている・・・、しっかり前を向いて生きている姿なのではないかな・・・と、思います。

身分の違いから、文四郎は「おふく様」と呼び、距離を保ちます。
でも映画の終盤、「ふくです」とおふくに言われて、文四郎は「ふく・・ふく・・」と呼びます。

その場面は原作(藤沢周平 著)にはないようですが、「ふく」と呼び、そして呼ばれることで、20年の時を越えて一瞬、昔の二人に戻れたような、そんな気がします。

日本の四季折々の美しい風景と、切ない想いと、前向きな姿に・・・しばし涙して、心が洗われました。

「20年、人を想いつづけたことはありますか。」

theme : 邦画
genre : 映画

ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(シニア)へ
にほんブログ村

ありますよ(*^_^*)

そして、それを伝えられた時は、ほんとに生きててよかった、(大げさな感じだけど、何度か大きな病気をしたので)と思いました。
たとえ、それが実を結ぶものではなかったとしても。

yuyu さん♪

愛することと、愛されることは・・必ずしも一致しないけれども、心の奥に大事にしまっておきたい想いってありますね。
映画の中の文四郎さんは、とってもステキです(#^,^#)

ありますね。^^v-22
強い愛ってあるのかなと思ったけれど、
ある人とつきあってお互いが愛し愛され
たことがあると言うのは結果に限らず
人生の素敵な贈り物ですね。v-238

rakey さん♪

夫の殿様はなくなったわけだし・・・
現代だったら再婚できるかもナ~~と思ったりしますが、文四郎さんは家族があるし。
昔の高貴な女性は、尼僧の道を選ぶんですね・・・
Secret

プロフィール

道子 (ドーコ)

最近の記事

最近のコメント

リンク

【お奨めの英語関連リンク】

★FETS(Free English Talk by Skype)

英語で話したい人たちの英語サークルです



【ブログ・ピープル】
※ブログが更新されると上位に移動します。




ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

カテゴリー

PR


「プライバシーポリシー」
広告配信事業者としての Google は cookie を使用して広告を配信しています。 Google で cookie を使用することにより、インターネットにおけるご自身のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。 ユーザーは Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。


ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】

楽天トラベル株式会社


小学校英語指導者資格認定 アルク児童英語教師養成コース

アルク

本を売るならブックオフオンライン

ブックオフオンラインのオトナ買い

【Beauty & Health】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる