バークリー・・・

Barkeley・・・アメリカ合衆国西海岸、カリフォルニア州の学術都市。サン‐フランシスコ湾東岸に位置し、カリフォルニア大学の本部とバークリー校とがある。

ソフトバンクの孫正義社長もたしかバークリー出身でしたね。

留学などとは無縁の私ですが、先日、「今度息子が留学するんですが、大学から来たこの書類を、日本語訳と一緒に出さないといけないんです。でも、息子は今アメリカにいるので・・・頼みたいんですけど」と、一人のお母さんが見えました。
見るとそれは、大学の入学許可の通知で、なんと学校は、「University of California Berkeley」でした。
こういった書類は初めてですが、その内容が単なる通知ではなく、バークリー校の校風とでも言いましょうか、まるで『詩』・・・でした。

その詩の部分を、ここに記そうと思うんですが、もしそれが何か権利とかにさわるようでしたら、教えてください。すぐに非公開にしようと思うので。

--------------------------
(中略)
The sound you hear is the world opening up at your feet. It's the sound of ideas popping. Of every language, every point of view. Of conga drums, carillons, and a thousand things you've never known before.
(中略)
We think you can take this excitement and make it your own. Take the world's ideas and forge new ones.
Learn. Imagine. Experiment. Create. Change the world.
We congratulate you,
............
(略)
--------------------------

私が、どのように訳したかは非公開ですが、
idea (考え、考案、創意工夫、思想、知識、理想、etc.)が、まさにポンポン音を立てて出てくるようすが目に浮かび、また聞こえるようです。バークリー校では学生達が日々、学び、想像を働かせ、試み、創造する。世界を変えるほどの人たちが巣立って行くんでしょうね。そんな学び舎で、学ぶチャンスを息子さんは獲得したんですね。
私も、「おめでとう!がんばって」と、エールを送ろう。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(シニア)へ
にほんブログ村

Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第18話 艱難辛苦

 第18話 艱難辛苦     指揮官は怒りをこらえていた。5月14日(土)の対中日戦。7回裏2死。中日の福留の一打。審判の下した“誤審”は受け入れがたいことだった。 打球は右翼後方のフェンス最上部に当たり大きく跳ね返って、「フ

プロフィール

道子 (ドーコ)

最近の記事

最近のコメント

リンク

【お奨めの英語関連リンク】

★FETS(Free English Talk by Skype)

英語で話したい人たちの英語サークルです



【ブログ・ピープル】
※ブログが更新されると上位に移動します。




ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

カテゴリー

PR


「プライバシーポリシー」
広告配信事業者としての Google は cookie を使用して広告を配信しています。 Google で cookie を使用することにより、インターネットにおけるご自身のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。 ユーザーは Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。


ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】

楽天トラベル株式会社


小学校英語指導者資格認定 アルク児童英語教師養成コース

アルク

本を売るならブックオフオンライン

ブックオフオンラインのオトナ買い

【Beauty & Health】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる