旅の終わり 「富士山、お出迎えありがとう!」

富士山

帰りの飛行機もサンフランシスコで乗り継ぎでした。
行きに比べ疲れてるのでよく眠れるかな?と思ったんですが、うとうとしただけでした。
椅子に座って寝るっていうのは・・・疲れますね~。

サンフランシスコから11~12時間のフライト。
窓から富士山が見えた時は、ホッとしました。
雲の上に頭だけ出した、富士の姿に
やっぱり 

「富士は日本一の山だな・・」

と感慨ひとしおでした。

ハイジャックに遭うこともなく、飛行機の機械トラブルもなく、
無事に帰ってこれて、こうしてブログでレポートできて、

いや~・・・よかった、よかった (*^,^*)>

theme : 海外旅行
genre : 旅行

ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(シニア)へ
にほんブログ村

NG特集?? 牛乳には気をつけよう・・・

8月末に行ったシカゴNYツアーのレポートもそろそろ終盤を迎えます。

ここでちょっと、NGなお話を・・・

シカゴからニューヨークへ移動の日、朝食はシカゴのオヘア空港で、軽くマフィンと牛乳ですませました。

ところが、この牛乳が・・・・・

日本では牛乳瓶って200ccですよね。 お店には500cc瓶 (プラスチック製) しかなかったので、それを買いました。いっぺんには飲めなかったので、飛行機の中でも飲んで、空にしました。
ニューヨークのラガーディア空港 (マンハッタンに最も近いとのことです) に到着した時は、まだお腹は何ともありませんでした。

そこから、路線バスに乗って、マンハッタンに入り、Lenox Avenue の 125ストリートで乗り換えでした。

3桁のストリートは・・・ ハーレムです。

黒人が多く、建物も2階建てくらいまでの高さで、古く薄汚れた感じでした。ここで乗り換える7番バスを待っていましたが、いっこうに来ません。
本当は10分おきくらいに来るように時刻表には書いてはあったんですけどね・・・

そのとき、災難は突然やって来ました!!!

私のお腹がゴロゴロ言い出したんです!

周りを見ても、トイレって・・・どこへ?? 
まあ、我慢しましたよ。

30分ぐらい待って、やっとバスが来てやれやれ。
でも、それから50分ぐらい乗ったんです。
その間、ず~~っとお腹はゴロゴロ鳴って、だんだん不安になりしたよ。
我慢に我慢をし、やっと目的地のバス停に着きました。

しかし・・・

バスを降りて、それから、ホテルまで歩かなければなりません。

情け無い話ですが、もう、我慢できません。
それまでず~~~~~っと我慢してたんですものね。

近くのオフィス(?)に跳んで入って、

「Can I use the bathroom?」
(おトイレ、かして下さい!?)
とドアのところにいた警備の人(たぶん)にたずねたところ、

「No. Go to "Toysrus" across the street. There's a bathroom on the second floor...」
(ダメ。道の向こうにある 『トイザラス』 へ行きなさい。2階にあるから・・・)

とか言われて、同行の皆さんをお待たせして、いちもくさんに走りました(-.-;

お陰さまで・・・

まあ、なんとか、漏らさずにすみました(#-,-#;;;

そのとき、私にとって、『トイザラス』 は、

オアシス! 天国!でしたよ。

どうも、ありがとう。 お世話になりました。

教訓: 外国では牛乳はほどほどに。

theme : 海外旅行
genre : 旅行

ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(シニア)へ
にほんブログ村

シカゴ科学・産業博物館 Museum of Science and Industry

シカゴ-科学産業博物館

シカゴ科学・産業博物館は、
総面積57,000㎡のフロアは75の部門にわかれ、アポロ8号、実物の旅客機、ドイツの潜水艦Uボートなど、科学と産業の歴史展示、体験コーナーがある・・・ということでした。

■ 実物旅客機のコックピット cockpit 操縦席前面には、操縦機器がぎっしりで、パイロットは何が何なのか覚えるのが大変だな~と感心しました。

■ U-Boat
第一次、第二次世界大戦に使われた実物のUボートを実際に目の前にして、ココまで運ぶのは大変だったろうな~と思いましたよ。全長76.8m、重量750トンですものね。
最初に船体を設置してから、建物を作ったそうです。

Uボート⇒★

■ Body Slices...Wonders of Human Anatomy
人体スライス・・・人体解剖の不思議

は、もう、私は途中から見るのを断念しました。
人体をスライスした標本ですもの!
自然死した人の実物の解剖切片・・・とか・・・
医学生のための教材として作られたそうです。
標本作製と保存の技術の進歩のほどが分かりますが・・・

見る勇気のあるかたは⇒★★

■ Chick hatching
まあ、いろいろある中で、ひよこの誕生が一番感動的でした!

卵の殻をくちばしで突付いてヒビを入らせては、疲れてぐったり・・・
またがんばっては・・・ぐったり・・・
クライマックスが近づくと、見ている人たちも、思わず体に力が入ります。
やっと生まれて・・・ オメデトウ!! パチパチパチ!!!
でした。

ひよこの孵化⇒★★★

元気に育ってね(^.^)/

theme : 海外旅行記
genre : 海外情報

ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(シニア)へ
にほんブログ村

ロックフェラー・センター Rockefeller Center

ロックフェラー・センター前の広場は、冬はスケートリンクになって楽しめます。12月ともなると旗が並んでいる向こう側に大きなクリスマス・ツリーが飾られます。
今は、野外カフェ・レストランになってます。

ロックフェラー・センター前の広場

ロックフェラー・センターの65階に、Rainbow Room レインボー・ルームというレストランがあります。ニューヨークの夜景が一望できる、スカイレストラン。男性は上着にネクタイ、革靴。女性もミニ・スカートはちょっと・・・って感じで、ある程度の盛装をしていかないといけないみたいです。
私たちはメンバーの一人の弟さんが、勉強にきていて暮らして見えるので、その方に予約をお願いしました。リッチなディナーを経験しようというわけです。

お飲物はオレンジの入ったお任せのカクテル・・・にしたら、今回は味が濃すぎて・・・私的にはあんまり・・・でした。「パンチ」とかウェイターさんが言っていたような。こんどから「パンチ」はやめときます。
お料理はトマトソース仕立てで、あさり、イカ、エビなどのはいったシーフード・パスタを注文。おいしかったんですが、パスタがチョット変ってました。四角い・・・日本の「そば」の硬めの麺って感じでした。

シーフード・パスタ

それから・・えーっと・・・たぶんあれはフォアグラとか言うんだと思いますが・・・よくわかりません・・・レタスを添えた前菜。

ステーキを注文した方も見えましたが・・・よほどお腹がすいている人以外は、ステーキはやめておいたほうがいいです!
あまりに・・・巨大すぎます。結局切り分けて「誰か助けて・・」になってしまいます。

とってもビッグなステーキ

そんなこんなで、ちょっとリッチすぎるお食事も終え、お会計。

割り勘なんですが、日本のように「一人づつ会計お願い」はできないらしいです。
伝票をもらうと、飲物やお料理の代金総額 + サービス料テーブル担当へのチップ、それから今回はなにやらウェイター長(?)へのチップもいるらしく、キャー!!!なお値段でした。
紙や電卓を出してテーブルで計算したり、皆がお金を出してごたごたするのは見苦しいということで、お一方にカードで払っていただいて、ホテルに帰ってから、ゆっくり計算しました。
私は・・・85ドル(85×112=9520円なり)で、ビックリ(@,@)
ステーキを食べた人は140ドルくらいじゃなかったかな?

まあ、天下のロックフェラー・センターのレインボー・ルームでのお食事はこれが最初で最後だろうと思います。

下りのエレベーターを待ってると、上がってきたエレベーターからは50~60代のレディー6人がドレスアップして、嬉しそうにおしゃべりしながら出てきました。
あれから、きっと楽しいディナーだったんでしょう・・・ね~

theme : NY
genre : 旅行

ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(シニア)へ
にほんブログ村

ブルーノート ジャズって・・いい!!

ジャズの生演奏を聞きながらグラスを傾けるなら、Blue Note ブルーノート・・・
お夕食も本格的なものがいただけます。

Manhattan マンハッタンのMidtown ミッドタウンと Lower Manhattan ロゥワー・マンハッタンの間に位置する Greenwich Village グリニッジ・ビリッジ にあります。Washington Squareワシントン・スクエア-の南、New York University ニューヨーク大学の西。The 6th Avenue, W. 3rd Street.

グリニッジ・ビリッジは、建物もミッドタウンやウォール街とはガラッと変わり、ブラウン系が多く、高さも統一されて、なるほど芸術家の街。

グリニッジ・ビレッジ2

グリニッジ・ビレッジ3 グリニッジ・ビレッジ1

まあ、ジャズのことは・・・ほとんど分かってない私ですが・・・聞くのは大好きです。

ブルーノート

8/26(Friday)の夜は、「ラリー・カールトン&サファイア・ブルー・バンド」の演奏でした。
演奏者の人数が多い分、迫力がありました。
室内はほどよい大きさで、お客さんの掛け声が演奏者に届く、まさに、ライブの雰囲気を存分に楽しめる・・・Blue Note・・・でした。

ライブ

日本の東京、名古屋、大阪、福岡にも有るんですね・・・

ブルーノート ニューヨーク のホームページはこちら⇒★★★

theme : NY
genre : 旅行

ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(シニア)へ
にほんブログ村

プロフィール

道子 (ドーコ)

最近の記事

最近のコメント

リンク

【お奨めの英語関連リンク】

★FETS(Free English Talk by Skype)

英語で話したい人たちの英語サークルです



【ブログ・ピープル】
※ブログが更新されると上位に移動します。




ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

カテゴリー

PR


「プライバシーポリシー」
広告配信事業者としての Google は cookie を使用して広告を配信しています。 Google で cookie を使用することにより、インターネットにおけるご自身のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。 ユーザーは Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。


ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】

楽天トラベル株式会社


小学校英語指導者資格認定 アルク児童英語教師養成コース

アルク

本を売るならブックオフオンライン

ブックオフオンラインのオトナ買い

【Beauty & Health】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる