道子はどうやって英作するか? vol. 6

こんにちは! 今日は第5文型=S+V+O+C です。
さあ、あと一つ!! がんばります!
復習-----------------------------------------------------------
主語 S = 「~は」動作をする人、もの。状態の中心となる人、もの。
述語動詞 V= 「~である」「~する」動作、状態などを述べる語
目的語 O=「~を、に etc.」動作や感情を受ける人、もの(動作や感情の及ぶ人、もの)
補語 C=「~に、と etc.」(主語や目的語を)説明する語
修飾語 M= (飾りつけ)

5つの文型の骨組み
1.S + V
2.S + V + C (S = C)
3.S + V + O (S =/= O)
4.S + V + IO + DO (IO 間接目的語「~に」、DO 直接目的語「~を」)
              (IO =/= DO)
5.S + V + O + C (O = C 目的格補語←目的語を説明する)
--------------------------------------------------------------
★第5文型=+++ (O = C)

・・名詞、代名詞、名詞的用法のもの
・・(助動詞+)動詞
・・名詞、代名詞、名詞的用法のもの
・・名詞、名詞的用法のもの、形容詞、形容詞的用法のもの、現在分詞、過去分詞、原形不定詞(to無し不定詞)、Oを意味上の主語とする場合の不定詞 など


どんな動詞かというと、
【一般動詞】の【不完全他動詞】で、動作を受ける目的語と、それを補足説明する目的格補語が必要です。
[不完全]→動作を受ける(目的語)がどんな状態か説明してくれる(目的格補語)がいる。 説明しているわけだから、となる。
[他動詞]→主語となる人(もの)が、動作を与える対象となるO(目的語)がいる。

例: ①使役・動作→ keep「~にしておく」, leave「~の状態にほうっておく」, make, paint, .....など
②知覚・判断→see, hear, feel, think, find「~とわかる」,.....など
③めいめい・任命→call, name, appoint, elect, .....など

ジーニアス英和辞典を引くと(他)[SVOC]、[SV O do]と親切に書いてある。
小学館 プログレッシブ英和中辞典では、v.t.[Ⅴ(名)(名) / (名)(形) / (名) doing / (名)過分 / (名) do ]と書いてある。Ⅴは第5文型のこと、(名)は後ろに名詞(代名詞)、(形)は形容詞、doing は現在分詞、過分は過去分詞、do は原形不定詞、が来るという意味です。

----------------------------------------------------------
では、英作しましょう。 次の動詞は完全他動詞で+++ の文を作ります。 (「//」は、文を大きく主部と述部に分ける印です)

(1)彼女は // 自分の犬に / ポチ / という名前を付けた
 S + V + O + C→ She + nemed + dog + Pochi
 She (S) nemed (V) her (M) dog (O) Pochi (C).
(dog = Pochi)
   She named her dog Pochi.

(2)その知らせを聞いて、私は悲しくなった。
   その知らせは // 私を / 悲しく / させた
 S + V + O + C→ news + made + me + sad
 The (M) news (S) made (V) me (O) sad (C).
 (me = sad  or I (am) sad)
   The news made me sad.

(3)私は // 子犬が / 木の周りを / 走り回っているの / を見た
 S + V + O + C→ I + saw + puppy + running
 I (S) saw (V) a (M) puppy (O) running (C 現在分詞) around the tree (M).
 (puppy = running or puppy (is) running)
   I saw a puppy running around the tree.

(4)姉は // いつも / 自分の部屋を / 綺麗に / してある
 S + V + O + C→ sister / keeps / room / clean
 My (M) sister (S) always (M) keeps (V) her (M) room (O) clean (C).
 (room = clean or room (is) clean)
   My sister always keeps her room clean.

(5)私は // 彼女は / 親切な女性 / だと思う
 S + V + O + C→ I + think + her + a kind woman
 I (S) think (V) her (O) / (to be) / a kind woman (C).
 (her = (to be) a kind woman)
   I think her (to be) a kind woma. (to be の省略)

  ※ I think (that) she is a kind woman.  は、S+V+Oの第3文型

(6)私は / 彼に / そうしてくれと / 頼んだ
 S + V + O + C→ I + asked + him + to do that
 I (S) asked (V) him (O) to do that (C Oが意味上の主語となる)
 (him = do that or he does that)
   I asked him to do that.

(7)注意
 Mr. White made me a nice chair.  は、(me =/= chair → IO + DO) で第4文型
 ホワイトさんは私に素敵な椅子を作ってくれた。

 Mr. White made me his secretary. は、(me = secretary → O + C) で第5文型
 ホワイト氏は私を自分の秘書にした。

これで、やっと5つの文型の説明が終りました。

今後は、がんばって英作!の中でも、一部、文型を示しながら、英作の工程をご紹介しようと思います。・・・が、道子はときどき、とんでもないミスをするかもしれませんので、見つけた方は、どうかコメントで知らせてください。宜しくお願いします。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(シニア)へ
にほんブログ村

道子はどうやって英作するか? vol. 5

こんにちは! 今日は第4文型=S+V+O+O です。
ちょっと疲れましたが・・・やるっきゃない!!
復習-----------------------------------------------------------
主語 S = 「~は」動作をする人、もの。状態の中心となる人、もの。
述語動詞 V= 「~である」「~する」動作、状態などを述べる語
目的語 O=「~を、に etc.」動作や感情を受ける人、もの(動作や感情の及ぶ人、もの)
補語 C=「~に、と etc.」(主語や目的語を)説明する語
修飾語 M= (飾りつけ)

5つの文型の骨組み
1.S + V
2.S + V + C (S = C)
3.S + V + O (S =/= O)
4.S + V + IO + DO (IO 間接目的語「~に」、DO 直接目的語「~を」)
5.S + V + O + C
--------------------------------------------------------------
★第4文型=S+V+O+O (IO 間接目的語、DO 直接目的語)

・・名詞、代名詞、名詞的用法のもの
・・(助動詞+)動詞
IO・・名詞、代名詞、名詞的用法のもの・・「~に」人が多い
DO・・名詞、代名詞、名詞的用法のもの・・「~を」物、事 が多い


どんな動詞かというと、
【一般動詞】S(主語)が誰かに何かをしてあげる動詞です。【完全他動詞】で、今回は目的語が2つ必要です。
[完全]→主語がどんな具合か説明してくれるC(補語)がいらない。 
[他動詞]→主語となる人(もの)が、誰かに(IO 間接目的語)何かを(DO 直接目的語)授け与える動詞。(IO =/= DO) →『授与動詞』という。
第4文型をつくるが、しばしば第3文型にもなる。

例: give, tell, send, lend, show, teach, write, bring .....など(S+V+人+物 → S+V+物+ to 人)
buy, make, cook, find, ....など(S+V+人+物 → S+V+物+ for 人)
ask 「~に頼む」(S+V+人+物 → S+V+物+ of 人)
cost, forgive, take「かかる」....など(S+V+人+物 だけ)

★give の場合★
ジーニアス英和辞典を引くと(他)[SV(O1)O2 / SVO2 (to O1)] と親切に書いてある。
小学館 プログレッシブ英和中辞典では、v.t.[Ⅳ(名)(名) / Ⅲ(名)(副)][give A B / give B to A] (give の場合)と書いてある。Ⅳは第4文型のこと、(名)は後ろに名詞(代名詞)、(副)は後ろに副詞が来るという意味です。
give A B / give B to A は、Aが人、Bが物とすると、give+人+物 となるんですが、「物」が最初に来て「人」が後ろに来ると「to人」になるという意味です。
(例)私はケンにペンを1本あげた。
I gave Ken a pen. → I gave a pen to Ken. 
この時、to Ken は文法上、修飾語と考えます。方向(場所?)を表す副詞とでも言いましょうか・・・で、第3文型ということになります。
ややっこしいですね。テストの書き換え問題にでそうですね。
----------------------------------------------------------
では、英作しましょう。
次の動詞は完全他動詞でS+V+O1+O2 の文を作ります。 (「//」は、文を大きく主部と述部に分ける印です)

(1)私は // 妹に / おもちゃを / あげた
 S + V + O1 + O2→ I + gave + sister + toy
 I (S) gave (V) my (M) sister (O1) a (M) toy (O2).

   I gave my sisiter a toy. (第4文型)
   → I gave a toy to my sisiter. (第3文型)

 I (S) gave (V) a (M) toy (O2) to my sister (M).

(2)母は // 私に / バースデー・ケーキを / 作ってくれた
 S + V + O1 + O2→ mothet + made + me + cake
 My (M) mother (S) made (V) me (O1) a (M) birthday (M) cake (O2).

   My mother made me a birthday cake.(第4文型)

   → My mother made a biethday cake for me. (第3文型)

(3)彼女は // その少年達に / 名前を / たずねた
 S + V + O1 + O2→ She + asked + boys + names
 She (S) asked (V) the (M) boys (O1) their (M) names (O2).

   She asked the boys their names. (第4文型)
   ※ 「聞いた、たずねた」の意味では第3文型にはめったにしない。

(4)お願いがあるのですが。
   →私は // あなたに / お願いを / 頼んでもいいですか
 V + S + V + O1 + O2→ Could + I + ask + you + favor
 Could (V) I (S) ask (V) you (O1) a (M) favor (O2) ?

   Could I ask you a favor ? (第4文型)
 
   → Could I ask a favor of you ? (第3文型)
   ※ 「頼む」ではこの形もよく使う。

(5)私たちは // 彼女に / 郵便局がどこにあるのか / 教えてあげた
 S + V + O1 + O2→ We + showed + her + where the post office was
 We (S) showed (V) her (O1) where the post office was (O2 間接疑問文、疑問詞節).

   We showed her where the post office was. (第4文型)
   ※ O2 が節や句で長い場合はふつう第3文型にはしない。

(6)彼の新しい家は5,000万円近くした。
   → 彼の新しい家は // 彼に / 5,000万円近くを / 要した
 S + V + O1 + O2→ house + cost + him + fifty million yen
 His (M) new (M) house (S) cost (V) him (O1) nearly (M) fifty million yen (O2).

   His new house cost him nearly fifty million yen.
   ※ cost O1 O2 は順序が変えられない。

(7)注意
 O1, O2 が共に代名詞の場合、I gave it to him. が普通。I gave him it. はごく稀。
(I gave him that. は可)

いろいろ例外があって、困ったものです。学習者泣かせですね。
See you next time.



ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(シニア)へ
にほんブログ村

道子はどうやって英作するか? vol. 4

こんにちは! 今日は第3文型=++ です。
ファイト!!
復習-----------------------------------------------------------
主語  = 「~は」動作をする人、もの。状態の中心となる人、もの。
述語動詞 = 「~である」「~する」動作、状態などを述べる語
目的語 =「~を、に etc.」動作や感情を受ける人、もの(動作や感情の及ぶ人、もの)
補語 =「~に、と etc.」(主語や目的語を)説明する語
修飾語 M= (飾りつけ)

5つの文型の骨組み
1.S + V
2.S + V + C (S = C)
3.S + V + O (S =/= O)
4.S + V + O + O
5.S + V + O + C
--------------------------------------------------------------
★第3文型=++(S =/= O)

・・名詞、代名詞、名詞的用法のもの
・・(助動詞+)動詞
・・名詞、代名詞、名詞的用法のもの

どんな動詞かというと、
【一般動詞】S(主語)が相手に対して動作したり感情をもったりする、一般的な動詞です。これを【完全他動詞】といいます。
[完全]→主語がどんな具合か説明してくれるC(補語)がいらない。 
[他動詞]→主語となる人(もの)が、何かに(目的語)対して動作をしたり、感情を持ったりする動詞。(S =/= O)
例: like, have, keep(飼う), play, など、たくさんありますね。


ジーニアス英和辞典を引くと(他)[SVO]、[SV to do / doing]と親切に書いてある。
小学館 プログレッシブ英和中辞典では、v.t.[Ⅲ(名)][Ⅲ to do / doing]と書いてある。Ⅲは第3文型のこと、(名)は後ろに名詞(代名詞)が来るという意味です。to do / doing は、名詞の代わりに不定詞の名詞的用法や動名詞「~すること」が来る、という意味です。
----------------------------------------------------------
では、英作しましょう。 次の動詞は完全他動詞でS+V+O の文を作ります。 (「//」は、文を大きく主部と述部に分ける印です)


(1)私の / 娘は // クモ / が嫌いですS + V + O→ daughter + dislikes + spiders
 My (M 代名詞所有格) daughter (S) dislikes (V) spiders (O).
(daughter =/= spiders)
   My daughter dislikes spiders.

(2)彼の立てた / 物音が // 私のかわいい / 赤ちゃん / の目を覚まさせた
  (彼が物音を立てたので、私のかわいい赤ちゃんが目を覚ました。)
 S + V +O→ noise + woke + baby
 The (M) noise(S) made by him (M 過去分詞の形容詞的用法) woke (V) my (M) dear (M) baby (O).
(noise =/= baby)
The noise made by him woke my dear baby.
   or The noise (which) he made woke my dear baby. [ ―は関係代名詞節の形容詞的用法]

(3)私は // 英語でアガサ・クリスティーの探偵小説を読み /たい
 S + V +O→ I + want + to read.....
 I (S) want (V) to read / detective stories of Agatha Christie / in English (O 不定詞の名詞的用法).
 (I =/= to read.....)
   I want to read detective stories of Agatha Christie in English.

(4)私たちは // お茶を一杯いただきながらのお喋り / を楽しんだ
 S + V +O→ We + enjoyed + chatting over a cup of tea
 We (S) enjoyed (V) chatting over a cup of tea (O 動名詞句).
 (We =/= chatting......)
   We enjoyed chatting over a cup of tea.

(5)私の学校の男子生徒たちは / みな // その新任の女の先生はどんなタイプの男性が好み / かしらと思った
 S + V +O→ All + wondered + what type of ......
 All (S) of the male students / in my school (M) wondered (V) what type of men / the new female teacher liked (O 間接疑問文).
 (All =/= what type of .....)
   All of the male students in my school wondered what type of men the new female teacher liked.


最後は欲張ったので、どうかな? どなたかご意見ください。
では、See you next time.


ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(シニア)へ
にほんブログ村

道子はどうやって英作するか? vol. 3

こんにちは! 今日は第2文型=S+V+C です。
がんばりましょう!!
復習-----------------------------------------------------------
主語 S = 「~は」動作をする人、もの。状態の中心となる人、もの。
述語動詞 V= 「~である」「~する」動作、状態などを述べる語
目的語 O=「~を、に etc.」動作を受ける人、もの(動作の及ぶ人、もの)
補語 C=「~に、と etc.」(主語や目的語を)説明する語
修飾語 M= (飾りつけ)

5つの文型の骨組み
1.S + V
2.S + V + C
3.S + V + O
4.S + V + O + O
5.S + V + O + C
--------------------------------------------------------------
★第2文型=S+V+C (S = C)

S・・名詞、代名詞、名詞的用法のもの
V・・(助動詞+)動詞
C・・名詞、代名詞、形容詞、名詞的用法、形容詞的用法のもの

どんな動詞かというと、
【be動詞】は「です」(イコールを表すもの。)
【一般動詞】は、S(主語)本人の状態をあらわす動詞です。これを【不完全自動詞】といいます。
[不完全]→主語がどんな具合か説明してくれるC(主格補語)がいる。(S=C)
[自動詞]→主語自身の状態。人は関係ない。
例: be(~です), look(~のように見える), appear, seem, sound, keep(ずっと~のままです), remain, become, get, grow, turn(~になる), feel, smell, taste, など。


ジーニアス英和辞典を引くと(自)[SVC]と親切に書いてある。
小学館 プログレッシブ英和中辞典では、v.i.[Ⅱ(名)(形)]と書いてある。Ⅱは第2文型のこと、(名)は後ろに名詞又は(形)は後ろに形容詞が来るという意味です。
----------------------------------------------------------
では、英作しましょう。 次の動詞は不完全自動詞でS+V+C の文を作ります。 (「//」は、文を大きく主部と述部に分ける印です)

(1)私の /おばさんは // 看護婦/ です。  S+V+C→ aunt + is + nurse 
 My (M 代名詞所有格) aunt (S) is (V) a (M 不定冠詞) nurse (C 主格補語).
 (aunt = nurse)
My aunt is a nurse.

(2)東京に住んでいる / 私の / おばは // 大きな病院の / 看護婦 / です
 S + V +C→ aunt + is + nurse
 My (M 代名詞所有格) aunt (S) living in Tokyo (M) is (V) a (M 不定冠詞) nurse (C 主格補語) of a big hospital (M).
(aunt = nurse)
My aunt living in Tokyo is a nurse of a big hospital.

(3)彼は // 一生 / 独身 / のままであった
S+V+C→ He + remained + single
He (S) remained (V) single (C 形容詞) all his life (M).
(he = single)
He remained single all his life.

(4)向うでケンと話している / 女性は // 私の母より / 若く / 見える
S+V+C→ woman + looks + young
The (M 定冠詞) woman (S) talking with Ken (M 現在分詞の形容詞的用法) over there (M) looks (V) younger (C 形容詞の比較級) than my mother (M).
(woman = younger)
The woman talking with Ken over there looks younger than my mother.

(5)インターネットのおかげで、/ 世界は // ますます小さく / なっている
S+V+C→ world + is getting + smaller and smaller
The (M 定冠詞) world (S) is getting (V) smaller and smaller (C) thanks to the Internet (M).
(world = smaller and smaller)
The world is getting smaller and smaller thanks to the Internet.

(6)今年うちの庭でとれた / みかんは// 近くのスーパーで売られているものと比べて / すっぱい /(味がする)。
S+V+C→ satsuma oranges + taste + sour
(satsuma oranges = sour)
Satsuma oranges (S) harvested in my garden / this year (M) taste (V) sour (C 形容詞) [as]compared to ones / [being] on sale at the supermarket / near my house (M ).

Satsuma oranges harvested in my garden this year taste sour compared to ones on sale in the supermarket near my house.

Satsuma oranges = 温州(うんしゅう)みかん
あるイギリス人が言ってましたが、日本のみかんのことを「Kyushu」って言うそうです。
九州で取れたものだからとうわけでなく、ほとんど九州から出荷されるからって言ってましたが・・・

長い文になると、難しいですね。第2文型=S+V+C (S=C)
では See you next time!


ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(シニア)へ
にほんブログ村

道子はどうやって英作するか? vol. 2

こんにちは! 
英文を作るには5文型を覚えておくと便利です。文法にまとめた先人の知恵です!
文は、★5つの要素★から出来ているんでしたね。
S、V、O、Cの4つの要素と、飾り付けのM。

主語 S = 「~は」動作をする人、もの。状態の中心となる人、もの。
述語動詞 V= 「~である」「~する」動作、状態などを述べる語
目的語 O=「~を、に etc.」動作を受ける人、もの(動作の及ぶ人、もの)
補語 C=「~に、と etc.」(主語や目的語を)説明する語
修飾語 M= (飾りつけ)

初めに、5つの文型の骨組みをいってしまうと、
1.S + V
2.S + V + C
3.S + V + O
4.S + V + O + O
5.S + V + O + C です。

お気づきのように全ての文型に、SとVが入ってます。
誰が(何が)、どうする(どんな状態)、かを言うのが文だからですね。
速い話が、単語を上の骨組みどおりに並べていったらいいんです。
=======================================================
★今日は第1文型です。 S + V

・・名詞、代名詞、名詞的用法のもの
・・(助動詞+)動詞

どんな動詞かというと、
【be動詞】は「います(あります)」の存在を表すもの。
【一般動詞】は、S(主語)本人が自分で動作する動詞です。これを【完全自動詞】といいます。
[完全]→説明してくれるC(補語)がいなくても大丈夫。
[自動詞]→自分で動作しちゃう。人は関係ない。
例: rise, run, swim, sing, go, come, leave(出発する),live, stand, stay など。

ジーニアス英和辞典を引くと(自)[SV]と親切に書いてある。
小学館 プログレッシブ英和中辞典では、v.i.[I(副)]と書いてある。Iは第1文型のこと、(副)は後ろに副詞的語句(場所、時間、程度など)を伴う事が多いという意味です。
----------------------------------------------------------
では、英作ましょう。 次の動詞は完全自動詞でS+V の文を作ります。

(1)日は/昇る。  S+V→ sun + rises.  
 The (M 定冠詞) sun (S) rises(V).

The sun rises.

(2)太陽は/東から/昇る。 S + V → sun + rises.
 The (M 定冠詞) sun (S) rises (V) in the east (M 場所を表す副詞句).

The sun rises in the east.

(3)ほとんどの/生徒が/バスで/学校に/来る
S + V → students + come.
Most (M 形容詞) students (S) come (V) to school (M 場所) by bus (M 手段).

Most students come to school by bus.

(4)ナンシーの/姉は/高校卒業以来ずっと/ニューヨークに/住んでいる
S + V → sister + has lived. (「ずっと住んでいる」は現在完了形)
Nancy's (M) sister (S) has lived (V) in New York (M 場所) since she graduated from high school (M 時).

Nancy's sister has lived in New York since she graduated from high school.
(since graduation from high school)

(5)町で一番おきな/図書館は/私の学校のとなりに/ある
S + V → library + is
The biggest (M) library (S) in my town (M) is (V) next to my school (M).

The biggest library in my town is next to my school.


※不特定なものがある時は there を使う。
(6)テーブルの上に/1本の/ペンが/ある
S + V → pen + is
× A pen is on the table.
○ There (M 存在を示す形式語) is (V) a (M 不定冠詞) pen (S) on the table (M 場所).

There is a pen on the table.

※難しい表現
(7)たくさんの/鳥たちが/木々の間で/鳴いて/いる
S + V → birds + are
× A lot of birds are singing in the trees.
○ There are a lot of birds singing in the trees.


ちょっと欲張りました。疲れましたね。第一文型=S+V
では See you next time!

ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(シニア)へ
にほんブログ村

プロフィール

道子 (ドーコ)

最近の記事

最近のコメント

リンク

【お奨めの英語関連リンク】

★FETS(Free English Talk by Skype)

英語で話したい人たちの英語サークルです



【ブログ・ピープル】
※ブログが更新されると上位に移動します。




ブログ内検索

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

カテゴリー

PR


「プライバシーポリシー」
広告配信事業者としての Google は cookie を使用して広告を配信しています。 Google で cookie を使用することにより、インターネットにおけるご自身のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。 ユーザーは Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。


ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】

楽天トラベル株式会社


小学校英語指導者資格認定 アルク児童英語教師養成コース

アルク

本を売るならブックオフオンライン

ブックオフオンラインのオトナ買い

【Beauty & Health】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる